日本茶インストラクター協会東海ブロック
ホーム
サイトマップ
東海ブロックの活動
ごあいさつ
イベント
研修会
セミナー
日本茶インストラクターとは
認定制度
通信教育講座
認定試験
掲示板
岐阜県支部掲示板
三重県支部掲示板
愛知県支部掲示板
東海ブロック掲示板
会員の皆様へ
活動報告書
お問い合せ
日本茶関連リンク集
空白
東海ブロック事務局
岐阜県支部
愛知県支部
三重県支部
ごあいさつ
東海ブロック
日本茶インストラクター協会 東海ブロック長

 東海ブロック長をさせて頂くことになりました松本 浩と申します。何卒よろしくお願いします。
 東海ブロックは、岐阜県・愛知県・三重県の会員から構成されていますが、三県内にはそれぞれ個性のある茶を産出する生産地があります。そうした一面と名古屋を中心に拡がる大消費地としての一面もあわせもっているため、茶の栽培から流通にいたるまでの茶業者の会員と、ほとんどお茶に関係のない会員とでバランスのとれた構成である点が当ブロックの持ち味であると思います。
 東海ブロックとしての活動は、インストラクター・アドバイザー認定試験や資質向上研修の実施など日本茶インストラクター協会が行う諸事業の地区内での遂行を行っています。
 そこで会員の皆様には協会事業への提言や方向性について、是非ともご意見を頂きより良いインストラクター協会にしていきたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。
 お茶好きな会員の皆様から、日本茶をもっと身近にもっと楽しめることの発信と、食育ならぬ 「お茶育」をこれからもすすめて頂きたいと思います。
 最後に日本茶を通して人々が幸せになれることと、皆さんのホットできる空間づくりを少しでもお役にたてるように頑張ります!

 "にっぽん 茶 ちゃ チャ "

東海ブロック長 松本 浩
ライン
岐阜県支部
日本茶インストラクター協会 岐阜県支部長 
 平成29年度より岐阜県支部長をさせていただいております坂ア史麻です。
  岐阜県支部会員数、インストラクター33名、アドバイザー27名、合計60名です。
 美濃・飛騨の豊かな自然の中で育まれた岐阜県のお茶「美濃茶」。県西部には、まろやかで深い味わいの「美濃いび茶」、白川町を一帯とする県東部では、高い香気と味が特徴の「美濃白川茶」が二大銘柄として生産されています。
 支部活動としましては、岐阜新聞カルチャー教室での日本茶セミナー開催のほか、県主催のイベントや地域のお祭りなどに参加し、「美味しいお茶の淹れ方教室」「お茶体験」なども開催しています。会員の資質向上を目的として、産地・工場見学、お茶の審査鑑定、講師の方をお招きするなどしての研修を行っています。
 生産農家、茶問屋、専門店に至るまでの茶業に従事する会員もいるなか、近年は、茶業種以外の会員も増えてきております。岐阜県は面積が広いため、各地域での活動が多く、それぞれが得意分野を活かした講座を行っています。
 会員の皆さまには、これからもご支援ご協力のほどお願い申し上げます。
 そして、会員の皆さまとともに日本茶の普及につなげていけるよう努めてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
岐阜県支部長 坂ア 史麻
ライン
愛知県支部
日本茶インストラクター協会 愛知県支部長

 昨年度より愛知県支部長を務めます2期生 中根めぐみと申します。
 私は、お茶を作っているわけでもなく、販売しているわけでもないのですが、何となく茶道を習っていた頃、「ヌワラエリヤ」という言葉をきっかけに、1冊の紅茶本を開いた時から私のお茶好きは始まりました。紅茶、中国茶、煎茶道と移りながら"ただのお茶好き"も20年が過ぎ、今は日本茶活動どっぷり、毎日お茶と向き合う生活となっています。
 現在、愛知県支部の会員は、生産農家や茶商の皆様、茶道関係者、お茶が大好きな人など、幅広いジャンルの方々で成り立っています。また愛知県は、西尾の抹茶をはじめ、煎茶や紅茶などの生産地でありながら消費地でもあります。寒茶、振り茶、野良茶、そして日本六古窯のうち二つ(瀬戸焼・常滑焼)、お茶に関わるモノが集合した地域であり、まだまだ一般には知られていない隠れたお茶の世界もあります。
 このような愛知県の良い素材を生かし、小学校での淹れ方教室やイベントでの呈茶など、今以上に幅広く活動できる環境を会員の皆様と共につくり、ひとりでも多くの方が日本茶を楽しみ、興味を持っていただけるよう、また、これまでの支部長が作り上げてきたもの(特に前支部長の会員同士の絆)を崩すことのないように、努めてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

愛知県支部長 中根 めぐみ
ライン
三重県支部
日本茶インストラクター協会 三重県支部長 
 三重県支部長をさせて頂いております鈴木孝司です。よろしくお願いいたします。
 三重県は、荒茶の生産量が全国第3位です。県内では北から南まで広く煎茶が生産されていますが、特に北勢地域はかぶせ茶、南勢地域は深蒸し煎茶が多く生産されています。生産地の県ということで会員は茶生産農家・茶商が多数ですが、最近は「お茶が大好き」という一般の方も増えています。生産・流通・消費という立場の会員がうまく協調し合い、活発に支部活動を行っています。
 支部活動は、日本茶の普及活動と、会員の資質向上のための活動があります。
 日本茶の普及活動は、地方公共団体や三重県茶業会議所からの「お茶の淹れ方教室」講師要請への対応協力があります。教室の受講生は、幼稚園児・小学生・企業の従業員・公民館教室の受講生・ショッピングモールのお客様等さまざまです。受講された皆様には大変喜んでいただき、会員もインストラクター・アドバイザーとして日本茶の普及活動に貢献できたことを嬉しく思っています。そして、より良いインストラクションができるように、なお一層の資質向上を目指しています。
 会員の資質向上のための活動として研修会を実施しています。研修会には、支部主催と北勢・中勢・南勢各ブロック主催があります。
支部主催は年に2回程度実施しています。毎年支部総会の後に行われる闘茶会は、茶審査技術の向上を図ることができるため、好評を得ています。闘茶会の他には、平成28年静岡県での世界お茶まつり、平成29年愛知県での関西茶業振興大会の視察がありました。視察会場での情報収集、道中での会員同士の交流等内容の濃い研修会になりました。
 各ブロック主催研修会は、煎茶道・万古焼・和菓子作り等の体験、工場見学その他があり、毎回趣向を凝らした内容で、他ブロックの会員も参加可能で、会員は楽しみにしています。
 このように、会員は和気あいあいと楽しく活動しています。ぜひ私たちの日本茶の普及活動の場にお客様としてお越し下さい。そして、私たちと一緒に活動してみませんか。
三重県支部長 鈴木 孝司
ホーム
Copyright(C)2008 Nihoncha Instructor Association Tokai Branch. All Rights Reserved.